犬と猫

ペットを肝臓病から守るための対策方法|家族を病気からガード

症状にいち早く気づく

犬と女性

ペットの肝臓病の怖いところは、初期症状が気づきにくいことです。食欲不振や体重減少など症状に特徴がないので、肝臓病を見逃しやすいのです。しかし見逃してしまうと、肝不全に発展してしまうので注意したほうが良いです。

詳細を確認する

検査の重要性

ドクター

犬や猫などのペットの肝臓も、人間と同じような働きしています。肝臓は非常に重要な働きをしていて、1,500種類以上の機能を担っているのです。そのため肝臓病にかかって、肝機能が少し低下するだけでも、体には大きな影響を与えてしまうのです。肝臓機能の中でも特に重要なのが、解毒作用です。解毒作用とは、体内に侵入した毒素を分解して、無毒化させるというものです。この作用があることで、体内に毒が侵入しても、生きていくことができるのです。ペットが健康でいるために肝臓が正常に働くことは大切ですが、肝臓には痛覚がないため、重大な疾患にかかっていても気づきにくいです。肝臓病も、初期症状には気づきにくいため重症化しやすいのです。

犬が肝臓病にかかっているかどうか気づくためには、動物病院での検査が必要になります。肝臓病にかかったときの症状として、食欲不振や嘔吐、下痢、水を飲む量が増えるなどがありますがどれも特徴がありません。動物病院で血液検査をすれば、肝臓が正常に働いているかどうか数値で確認できます。ですから異常を感じたら、動物病院で検査を受けたほうが良いのです。犬が肝臓病になる原因は色々ありますが、その1つがおやつです。おやつを与えることによって、肝臓の数値が悪くなってしまい、肝臓病になるリスクが高まるのです。可愛いペットには、おやつを与えたくなるものですが、それが原因で病気になってしまっては元も子もありません。ですから肝臓病に不安を感じる場合は、おやつは抑えたほうが良いでしょう。

原因を取り除く

聴診器

ペットを肝臓病にさせないためには、原因を取り除いてあげることが大切です。日常的に使用している殺虫剤が原因で、肝臓に負担がかかり、肝臓病に発展するということもあるので気をつけるべきです。

詳細を確認する

食事管理で症状軽減

猫

ペットの病気を予防するためにも、定期的な健康診断が重要になります。特に肝臓病は、初期症状に気づきにくいので、予防として健康診断を受ける必要があるのです。薬を使用した治療を受けることはできますが、最も大切なのは食事管理です。

詳細を確認する